薬剤師によるQ&A、お薬についてのお話コーナー

Q1 薬剤師ってどんな仕事ですか?

A.薬剤師法 第一条には「薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保するものとする。」というように薬剤師の任務が定められており、医師または歯科医師が発行した処方箋に基づき調剤を行った医薬品を適正に服用していただくために服薬指導を行ったり、消費者に合った一般用医薬品や薬局製剤などの薬、衛生材料などを供給したり健康や薬に関する相談にのったりすることでセルフメディケーションの手助けを行うのが薬局で働く薬剤師の主な仕事です。

他にも薬の専門家として、新薬を創る研究に携ったり、薬事行政に関する仕事などもあります。

Q2 どんな時に薬剤師の仕事にやりがいを感じますか?

A.こんな時にやりがいを感じます。

〇風邪薬などのちょっとした薬をお出しした患者様が、後日みえられた時に“おかげさまで“と笑顔で感謝の声をかけてくれたとき

〇普段の患者様とのやり取りの中から、いつも飲み忘れや飲み残しが多いことに気づき、一包化したりカレンダーに貼り付けたりすることで患者さんがきちんとお薬を飲めるようになって家族の方から感謝の声をかけてもらったとき

〇友人や身内などから薬や健康に関することで頼りにされたとき

〇年配の患者様が抱える病気や薬の服用などに関する問題などを自分のことのように共感することで患者様の不安感などを和らげることができて感謝されたとき

〇お薬手帳の有用性を理解していただいて喜んでもらえたりしたとき

Q3 病院と薬局が分かれているのは何故ですか?

A.医師等は、薬のことを専門家である薬剤師にまかせることで、一層診療に専念することができます。

その結果患者さんは、より充実した医療を受けられるようになります。また、薬についてより広い知識を持つ薬剤師によって、処方されている薬の内容、投与方法、投与量、薬の相互作用(飲み合わせ)などについてチェックを行うことができ、より安全にお薬をお使いいただくことができます。

Q4 処方箋は、どの薬局でも受付可能ですか?

A.お薬を扱う店には「薬局」と「薬店」がありますが、「薬局」であれば、処方せんはどこでも受け付けてもらえます。

但し、病院の先生が処方せんで出せる薬には約2万数千種類もありますので、すぐに揃わずお時間をいただいたり、後程お届けにあがるなどの対応をさせていただくことがあります。

Q5 医療用医薬品は、処方箋が無いと買えないのですか?

A.医療用医薬品は、処方せん医薬品とそれ以外の二つに分けることができます。

この内処方せん医薬品は、薬事法の規定で処方せんの交付を受けた者以外の者に対して、正当な理由なく販売を行ってはならないとされています。一方、処方せん医薬品以外の医薬品についても、処方せん医薬品と同様に、医療用医薬品として、医師や薬剤師等により使用されることを前提として供給されるものなので、正当な理由がある場合を除き、薬局においては、処方せんに基づく交付が原則となっています。やむを得ず販売を行う場合においては、その取り扱いについて遵守事項が定められています。

Q6 医療用医薬品と一般用医薬品の違いは何ですか?

A.医療用医薬品は、医師等により患者の症状や体質などに応じて処方される医薬品です。効き目が強く、対象となる疾患も多岐にわたりますが、ときに重大な副作用を起こす危険性があります。

一方、一般用医薬品は、医師等による処方箋(せん)がなくても薬局・薬店で購入できる医薬品です。医療用医薬品に比べて効き目は穏やかで、副作用の心配も比較的少ないので、患者やその家族が病気の初期の段階や、軽い頭痛や下痢、けがなどの場合に、自覚症状に基づいて自らの判断で購入して使用します。ただし、対象となる疾患は、医療用医薬品に比べて限られています。

Q7 ジェネリック医薬品とは、どんな薬ですか?

A.ジェネリック医薬品とは、先発医薬品(新薬)と同一の有効成分を同一量含む同一投与経路の製剤(例えば、錠剤、カプセル剤等)で、効能・効果、用法・用量が原則的に同一で、先発医薬品と同等の臨床効果が得られる医薬品です。

欧米の多くのジェネリック医薬品が、含有されている有効成分の一般的名称を冠して販売名をつけられていることに由来しています。

平成堂薬局グループでは、いきいきと働ける職場環境の実現を常に心がけています。皆さんの可能性を大切に考えています。私達と一緒に学びませんか?

アクセスマップはこちらへ